ニキビはやっぱり遺伝なの?

ニキビのできやすい肌できにくい肌というのはもちろんあります。
そしてこのできやすい、できにくいが、遺伝に左右されることも間違いのないことでしょう。

やはりご両親やおじいちゃん、おばあちゃんなどに若い頃ニキビができやすかった人がいると、その肌質が遺伝してしまうことが多いようです。

私のニキビも、父からの遺伝でした。

しかし「体質だから」といってあきらめてしまってはいけません。


ニキビができやすい体質の人だって、私の方法できっとキレイになることができます。

ニキビがもともとできにくい人に比べれば、ちょっと努力は必要かもしれないけど、必ずその努力は報われます。

それに、ニキビ肌の人には、ひとつだけ自信を持っていいことがあるんですよ。

ニキビのできやすい人は,皮脂分泌が盛ん、つまりオイリーな肌質ですよね。

オイリーなお肌は、ニキビ以外にも、テカリやくすみ、化粧崩れが激しいなど、不満に思われる点もいろいろあるでしょう。

しかし、オイリーな人は、何といっても 老けにくい。という大きなメリットがあることを忘れないでいただきたいのです。

年を取ってもほかの同じ年頃の人と比べて,皮脂の分泌が多い分,お肌が潤っていて、シワが少なくてすみます。

独自化粧品のベルリアンを使えばなおさら若々しいお肌をキープ:鬼に金棒。

といったところです。

現に私も、同年齢の人に比べてシワが少ないとよくいわれるんですよ。


その逆で、若い頃から乾燥肌で、ニキビなどできたことがないという人がいます。

ニキビ肌の人にとってみればうらやましい限りなのですが、乾燥肌でいつもお肌に潤いが足りないという人は人より早くシワ・タルミができやすいのです。

ニキビ体質の人は、今はニキビでつらい思いをしているかもしれませんが、

「年を取ったときに有利!」

と発想を転換させてみてはいかがでしょう。

ニキビさえキレイに退治できれば,年を取ったとき,かえってラッキーな肌質だったと思えるかもしれませんよ。

背中のニキビはシャンプーが作る!?


ニキビは顔ばかりではなく、背中や胸にもできるものです。

夏になるとプールや海辺でよく見かけるのが、背中に”Vの字”にニキビができている人です。

背中にニキビができる人は多いのですが、「なぜVの字に?」と最初は不思議でした。

もちろん,胸と背中のシーンは皮脂腺も多く, ニキビが出やすい部位ではあるのですが、私が目にしたところでは、背中にクッキリとVの字になっている人が多かったのです。

でも、あるとき思い当たることがありました。それは、長い髪が原因なのではないかということです。

髪がかかるだけでも、肌に刺激を与えたり、さらには雑菌がついてニキビをいっそう悪化させる原因となるのですが,この場合はシャンプーやコンディショナーが原因だと思います。

みなさんはシャンプーをするとき、シャンプー液が背中や顔にかかっていないでしょうか?


後にも述べますが、シャンプー液は髪や地肌の汚れを落とすために作られているもので、顔や背中の皮膚には刺激が強く、これがニキビの原因を作ります。

シャンプーをし終わった後の濡れた髪の毛を、無造作に背中に垂らしておくのもよくありません。

ですからシャンプーの仕方を工夫するだけでも、背中のニキビはキレイになることがあるのです。

これと同じで、コンディショナーについても注意が必要です。

また、背中,胸のニキビは,下着が原因となることもあります。ムレやすい化繊の下着やきついブラジャーなどをつけていると、汗がたまり、ニキビ菌を喜ばせてしまいます。

ちょっとした心がけを持つだけで、ニキビは治ってしまうこともあるんですよ。