ニキビは一生治らないの?

ニキビ跡には前述のように、色素が沈着してできたシミ、皮膚がクレーターのようにデコボコになってしまったものなどがあります。

 

私の経験上、茶色いシミになってしまう前の色素沈着はまだ治りやすいのですが、皮膚の真皮までキズをつけてしまったデコボコは一生治らないといわれます。

 

これを治すには,外科的な手術や、コラーゲンや繊維質を注射する方法、あるいはケミカルピーリングなどの治療しかないというのが定説です。

 

もちろん私はお医者さんではないし、医学の常識に異議を唱えるつもりはまったくありませんが、ひどいニキビ跡でも正しいお手入れさえすれば、かなりキレイになるという実体験があります。

 

私のニキビ跡がどれだけひどい状態であったかはすでにお話した通りですが、本当にデコポコはいっぱいあったし、たぶん真皮にまでダメージの及んだものも相当あったのではないかと思います。

 

でも独自化粧品にめぐり会えた今では、時間は多少かかったものの、ほとんど目立たないぐらいにまでキレイになりました。

 

もちろん、自分で鏡をのぞき込むと、

 

「ああ、ここにはまだあるな」

 

というのはありますが、幸いにも人には気づかれない程度のものです。

 

しかも普通なら、お肌の老化が気になり出す今現在も、お肌が向上中のように感じられることは、すでにお伝えした通りです。

 

私だけではありません。

 

独自化粧品でひどいニキビ跡がキレイになったという人は、後を絶ちません。

 

1人,また1人とキレイになっていく人を見ると、自分の経験が正しかったことが実証されたようでうれしくなります。

 

もちろん、皆さんのニキビ跡のデコボコが全員、完全に治るとはいいません。

 

でもかなり目立たなくなるということだけはいえると思います。

 

ケミカルピーリングなど外科的な治療をした場合、人前に出られるような肌に戻るまでかなり時間を要しますし,ある程度のリスクを伴うことも事実です。

 

ですから、とりあえずそれらは先に置いておいて、まずは正しいお手入れに切り替えてみてください。

 

独自化粧品ならきっとキレイになれます。

 

2〜3年、きちんとお手入れをしてみて,それから考えてみても遅くはないのではないでしょうか。