ニキビがあったらお化粧しちゃいけないの?

「ニキビがあったらお化粧してはいけない!」

 

これも皆さん、イヤになるほど聞かされた言葉ではないでしょうか。

 

どうしてもしたい場合はファンデーションはつけずに紅や軽いアイメイクだけのポイントメイクにしましょうともよくいわれます。

 

でも私も痛いほどわかるのですが, ニキビがあるからこそ、お化粧でカバーしたいんですよね。

 

私も「いけないんだろうな」と思いつつも、毎日、ファンデーションを厚塗りしてニキビをごまかしていました。

 

ましてやニキビができるお年頃というのは、メイクにも興味を持ちはじめるときだし、お友達がみんな流行りのメイクをしている中で、自分だけノーメイクなんて、つらいですよね。

 

ニキビがあったらお化粧はタブー、ファンデーションはつけてはいけないのでしょうか。

 

私は決してそうは思いません。

 

いえ、それどころか、ニキビがあるからこそ、きちんとファンデーションを塗って、メイクアップするべきだと考えています。

 

実はノーメイクで外に出ることほど,お肌に好ましくないことはないのです。

 

外に出れば紫外線が容赦なく降り注いできますし、汚染された空気や乾燥,外界の刺激から肌を守るためにも、ファンデーションは必要です。

 

ニキビができていれば,なおさら、お肌をしっかりガードしなくてはならないのです。

 

でも,どんな化粧品でも使っていいのかというと、そうではありません。

 

ファンデーションはとくにそうですが,使われている「油」が問題です。

 

ほとんどのファンデーションには油が使われていますが、質の悪い油を使ったファンデーションは肌を傷めるし、ニキビにも悪影響。

 

いいものを厳選することが必要です。

 

独自化粧品のファンデーションは,良質の油を使い、それも最小限にとどめてありますから, ニキビに悪い影響を与えることは決してありません。

 

逆にお肌を守ってくれるので、ニキビの人も安心して使えるのです。

 

だからこそ独自化粧品では、ニキビがあるならしっかりファンデーションを塗りましょうと提案しています。

 

ニキビがあっても安心して使える化粧品、それが正しい化粧品のあり方ではないかと私は考えています。

 

またニキビ用化粧品についても、ここで触れておきたいと思います。

 

皆さんの中にはニキビ用化粧品を使っていらっしゃる方も多いでしょうが、これらは、肌に刺激を与えるアルコールを添加してあったりと、脱脂力の強いものがほとんどです。

 

ニキビのためには油を取って乾燥させるというのが常識のようにいわれますが、これも 大手を振っては私は賛成できません。

 

繰り返しになってしまいますが、皮脂を取り去れば、皮膚は乾燥し、老化を早めるばかりです。

 

油を取れば取るほど、皮膚は「こんなに油を出しているのに、まだ足りないのか」と感じて、余計油を出すようになります。

 

だから,ただ皮脂を取ればいいというものではないのです。

 

また一方で、皮脂を取って肌を乾燥させてしまうと、水分不足で肌機能は十分に働かなくなり、ニキビ退治どころではなくなってしまいます。

 

独自化粧品の考え方は、皮膚が本来持つ力を活性化させ、皮膚そのものを元気に、新陳代謝をよくしてあげれば、ニキビは自然に消えていくというものです。

 

皮膚が正常に働けば、ちゃんと過剰な油は調整されきれいで適度な皮脂だけを分泌できるようになります。

 

皮膚の元気を保つためには「保湿」は欠かせません。

 

つまり、「ニキビ=乾燥させる」という考え方とはまったく正反対なのです。

 

ですから、肌を乾燥させるニキビ用化粧品やお薬はおすすめしかねます。